総合酒おろし 日本吟醸倶楽部株式会社
総合酒おろし 日本吟醸倶楽部株式会社
総合酒おろし 日本吟醸倶楽部株式会社

こだわりの蔵元様と、販売店様の架け橋になるために

社名に込めた想い

大正12年創業以来、酒類を中心に卸売りを行なっております。
吟醸酒と言えば「日本吟醸倶楽部」だと言われるよう、本当に美味しい日本酒の普及、発展に努めます。

仕入れへのこだわり

昔から日本酒と言えば、水の成分バランスが良い新潟だと言われています。現在90蔵様中30蔵様からの取引直接仕入れが可能となりました。
特に新潟県産越淡麗米造りの美味しさを皆様にご賞味頂きたいと思っております。

蔵元様とのさらなる出会いを

蔵元様との直接取引を通じ、一次代理店としての地位を高め、適正価格にて販売させて頂きます。お取引に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

日本吟醸倶楽部について

主要取引銘柄

宝酒造 大洋酒造 白瀧酒造 北雪 高野酒造 弥彦酒造 下越酒造 三井の寿 霧島酒造 薩摩酒造 雲海 高橋酒造 二階堂 黄桜 比翼鶴 研醸 篠崎 キリンビール サッポロビール アサヒビールサントリー キリンビバレッジ アサヒ飲料 日田天領水 大塚製薬 三田飲料 モナン 他80社様

会社概要

所在地 本部
〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目1-26

営業本部
〒809-0001 福岡県中間市大字垣生1291番地
Tel:093-244-1186 Fax:093-244-9359
創業 大正12年
設立 昭和39年9月
代表者 代表取締役社長 大羽 賢三
資本金 1,000万円
売上高 9億円(平成28年9月期)
従業員数 13名
事業内容 全酒類・飲料水・食品卸売販売
主要取引先企業 ヨドバシカメラ・福岡ソフトバンクホークス・北九州駅弁当・麻生芳雄商事・さんぞくや・小倉ターミナルビル 他80社様
取引銀行 福岡銀行・西日本シティ銀行・豊和銀行・JA銀行

沿革

  • 大正12年遠賀郡中間町(現中間市)にて酒類販売業を創業。
  • 太平洋戦争 戦中・戦後は統制経済にて実質休業。
  • 昭和24年酒類卸・小売業再開し昭和39年9月法人へ組織変更し安部商店設立。
  • 昭和50年4月販売量の増加のため従来の場所が狭くなり現在地へ移転。
  • 昭和57年3月商号を安部酒販株式会社へ変更。
  • 平成29年4月代表者変更。
  • 社会福祉法人 正勇会グループの傘下に加わり、同年9月に新社長が就任し社名を総合酒おろし日本吟醸倶楽部株式会社に変更。
    既存のお得意先(酒販店・飲食店)に加えホテルやJR駅といった販売先も増加。
    商品も日本各地のお酒の取り扱いが充実している。

営業本部までお気軽にお問い合わせください

〒809-0001

福岡県中間市大字垣生1291

FAX: 093-244-9359

メールでのお問い合わせ:

© NIHON GINJO CLUB